かんばらいわしカレー > いわしカレー誕生のはなし
地元の人×特産品。

かんばらいわしカレー誕生のはなし

地元 蒲原のおいしいものと言えば、「鮨処やましち」

こんにちは! 鮨処やましちの山崎です。
食による地域おこし活動が全国各地で活発ですが、静岡市蒲原でも地元の食を使って、蒲原をPRできる新メニューを作ろうと、鮨処やましちが「かんばら口福屋」として、約五ヶ月間をかけて様々なカレー粉や食材による試作を重ね、いわし削りぶしを使った「いわしカレー」を完成させました。

当初は鮨処やましちの店内メニューとして提供していましたが、誕生して程なく「あまりにも美味しいので、是非レトルトにしてほしい!」というご要望を多数いただき、レトルトの商品開発に着手しました。
そして平成22年5月1日から蒲原いわし削りぶしを使ったレトルト商品「いわしカレー」の販売を開始、
●ふじのくに新商品セレクション金賞
●しずおか葵プレミアム認証
をいただきました!!

この「いわしカレー」はなんと、地元・蒲原の小学校の学校給食にも導入されるという高い評価をいただいております。
蒲原の子どもたちは、いわしカレーが大好き!

私ども鮨処やましちは、この他にも、地元・蒲原の素材を多くの皆さんに知ってもらう為に、さまざまな活動を行なっています。

東京の皆さんにも蒲原を知ってもらいたい

蒲原の小学校と協力して、修学旅行の際に東京にて「蒲原いわし削りぶし」を配布しました。

活き桜えびの宅配を実現させました

すでに各方面のメディアでも取り上げて頂きましたが、通常は水揚げ後すぐに死んでしまう桜えびを、なんと生きたままご自宅にお届けできるのです。由比漁港青年部の技術とやましちの情熱が、不可能を可能にしました!
詳しくは、鮨処やましちまでお問い合わせください。

「鮨処やましち」だからできた、桜えびの踊り食い

鮨処やましちには、桜えびがぴちぴちと泳ぐ特製水槽があり、漁期には「桜えびの踊り食い」もお楽しみいただけます。

その他、地元の旬の幸を新メニューにして、これからも静岡市蒲原を県内外の多くの皆さまにアピールしていきます。
かんばらいわしカレーと、鮨処やましちの活動にご注目ください。

蒲原といわし削りぶし
このページのトップに戻る